« いちねん草 | トップページ | 会いたい人(追記あり) »

2008年9月18日 (木)

クラシカル

古いピアノの椅子  フサフサの飾りが付いた 赤いベルベットの丸椅子。
くるくる回して 遊んだっけ・・・・・ 

Classic1
秋は しっくりと 落ち着いた感じが 似合うと 思う
古臭いような 懐かしいような・・・・・・・そん な風合いの イメージの アクセサリー

Classic2_2

ひとつは
緑のベルベットリボンを 通して
チョーカーに・・・・・

写真では わかりづらいのだけど
もうひとつは リングに・・・・・

ちっちゃな ヘアピンも あります



近々 生活やさんに 納品予定

|

« いちねん草 | トップページ | 会いたい人(追記あり) »

コメント

茶種さん、
・・・うっとり・・です。
なるほど。 
秋ですねぇ・・・

投稿: ヨッピ | 2008年9月18日 (木) 22:17

あわわわわ!!キターーーー!!ヽ(´▽`)/
すごい壺です!!
巻きたい!!この太い首に巻きたい!!
もしくはネズミママに巻きたい!!
キタキタ!!秋はやっぱりレトロだーー!

...で、生活屋さんにたどり着くことは出来るだろうか??

投稿: kanacchi | 2008年9月18日 (木) 23:10

●ヨッピさま●
うっとり・・・・ですか?
秋ですから トーンを落としてみました。
携帯見つかるといいですね。

投稿: 茶種 | 2008年9月19日 (金) 15:37

●kanacchiさま●
いや・・・・私も太いけどね首・・・・^^;
一重じゃなくて二重に三重にと ゴスロリッポイのも実は好きだったりするんよ。
頭にも このリボンくくりたいし・・・・・
でも年齢がね かなり 危ない人になりそうなので
自宅で楽しんでます。
え・・・・・・・バブーシュかも ボーダーラインを超えとった????
ごめんごめん みんかった事にしといてね。

投稿: 茶種 | 2008年9月19日 (金) 15:40

茶種さん太くないし....
てかバブーシュカにあってましたよ!!
茶種さんならこのリボンをおだんごに巻きまきとか
いいかもです!!
レトロ好きとロリは近いらしいですね。
専門の時の友達にロリいました。
とにかく昔っぽいものが好きで、感性は近かったと思う。
意外と人目を気にする子で、控えめロリだった。
「学校帰りに漫画喫茶へ行こう」と教室で言うのが恥ずかしいので
「落ち着喫茶いかへん??」と隠語を使っていた。

投稿: kanacchi | 2008年9月20日 (土) 01:35

●kanacchiさま●
を~~~を~~~
そう言えばkanacchiって あの大阪で有名なデザインの専門学校出身だったっけ??違ってたらゴメン。
私も4年間大阪にいたんだけど 中の島公園に行った時
目を疑ったね(@Д@;
コスプレがいっぱい 同人誌って何???
マニアックな感じの 危ない空気が漂っているんだけど
別にそれが 普通の空気で・・・・・・
あたし全然普通じゃんって 思えたよ。
住んでたところは 河内長野で大阪最南端なんだけどね
南海線わかる?その路線には大阪芸術大学があって
芸大の人が乗ってくると 一目でわかる。
絶対 あの人 芸大前で降りるって 観察するんよ。
これがまた 間違いなくおりるんよ^m^
芸大の 学祭も かなりのレベルで変で 好きだったよ。
か・・・・・kanacchi・・・・同じ匂いがするかも^m^

投稿: 茶種 | 2008年9月20日 (土) 08:02

kanacchiはねー。大阪デザイナー専門学校ですよ。
ココリコの田中もここ出身です。
トータス松本の行ってたビジュアルアーツの系列です。梅田の電通の裏手にありました。
モード学園じゃなくて。モードは学費が高いんですよね。茶種さんも大阪に??しかも南って濃いイとこ...
南海は1回だけのった事あります。
kanacchiは阪神電車の千船って尼崎の隣と、後半は
梅香ってユニバーサルスタジオの近くに住んでました。
茶種さんは京都っぽいです。
芸大の人、すごいですよね。
専門学校もなんだけど気合の入った服装は一年の一学期までのヤツがたいがいですよ。
kanacchiは関西人から言わすと「シンプル」な服装
だったらしいです。

投稿: kanacchi | 2008年9月20日 (土) 08:51

●kanacchiさま●
勝手にモード学園出身にしててゴメン。
いや~~^でも 大阪いいよね。
ほんと 広島人なんて 濃度が低いよね。
どしてこんな色合わせ(@Д@;ってのが
日常茶飯事な大阪

投稿: 茶種 | 2008年9月20日 (土) 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いちねん草 | トップページ | 会いたい人(追記あり) »