« ワイルドキャンプ | トップページ | いちねん草 »

2008年9月16日 (火)

火傷の対処法

+++ キャンプ場での出来事+++

私が泊まった同じ日同じキャンプ場の空の下 お子さんが熱いスープをこぼして
火傷をおったそうです。慌てた大人が まずは 熱い服を 脱がせようとしたため
皮膚が はがれてしまった という話を ききました。
Tuki
熱湯など 熱い液体をかぶり火傷をした場合は

衣服は そのままで 冷水で しましょう
高い水圧で 水をかけないように・・・ やさしく。

その後 冷しながら 病院へ行きましょう。
まずは 落ち着いて対処することも 大切ですね(^^)

火傷をさせないという配慮が一番ですが 対処法を知っておくことも
イザという時には 最小限のリスクで すむことも・・・・・。

髪の毛についたガムをとる方法同様 このブログを読んでくださっている方の
頭の片隅にでも とどめて貰えればと思い記事にしました。


火傷をおった子どもさんと 家族のかたの
心と体の傷が1日でも早く癒されますように・・・

|

« ワイルドキャンプ | トップページ | いちねん草 »

コメント

我が家のセガレもキャンプで何度か
ヤケドしましたな~ (私も)
私の所は全部火遊びですが、一度に指何本もとか・・
ホント、まずは冷水ですね!
あわてちゃいけないと思うんだけど
あわてるんですよね、これが・・

投稿: ノッティン | 2008年9月16日 (火) 14:51

茶種さんへ

大丈夫だったのかしら?

子どもが小さい頃、誤飲センターらしき所の電話番号、
確か、冷蔵庫にいつも張っていました。
24時間対応だったような気がします。
幸い、電話をかけることはなかったけど、
子どもって何をするかわからないから、
大人の適切な対応が必要ですよね。

といいながら、やっぱり、あわてちゃいます。

投稿: nana (kinotable) | 2008年9月16日 (火) 15:51

●ノッティンさんへ●
そうそう いざとなると 慌てちゃいます。
自分の子どもとなると尚更ですよね。
備えあれば憂いなしとは行かないですけど
あってはいけないけれど 万が一の時には
思い出して貰えればいいな・・・そう思ったのです。
楽しいキャンプが一転した家族の事を思うと
悲しくて仕方ありません。

投稿: 茶種 | 2008年9月17日 (水) 08:27

●nana (kinotable)さんへ●
ほんとに 何が起こるかわかりません。
そういう自分も 息子が3歳の時 指を切って縫ったとき
付き添っていて 貧血で倒れそうになりましたから・・・。
しばらく病院のソファーで 休みましたよ。
我が事になると 冷静ではいられないですよね。

火傷をしたこは まったく知らない家族さんなので
その後どうなったかは知りませんが
早く元気になてほしいです。
親もきっと 心に傷を負ったことでしょう。

投稿: 茶種 | 2008年9月17日 (水) 08:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワイルドキャンプ | トップページ | いちねん草 »