« アカショウビン | トップページ | JASRAC »

2008年6月19日 (木)

しあわせな王子

図書館で なんとなく気になって借りた本 「しあわせな王子」

何不自由なく しあわせに暮らした ある国の 王子
死後 国民にに たたえられ 金箔を貼った銅像となり 国の真ん中に立つ。
見下ろす町のあちらこちらに 生きているときには 気がつかなった光景がある。
貧しい暮らしに苦しむ人々の姿。銅像となった今 なすすべもなく 毎日を流した。
Siawasenaouji
ある日 エジプトに向かう一羽のツバメが 王子の足元で羽を休める。
ツバメの頭の上に 大粒のが ポツリ・・・ポツリ・・・・・
「ね、きみ、おねがいがあるんだ。」王子は自分の目に埋め込まれたサファイアを
困っている人々に分け与える・・・・・・・・。
体に貼られた金箔も・・・・。最後は 見る影もなくみすぼらしい姿になる。
ツバメも エジプトに渡るっことができず 王子の足元で死んでしまう。


最後は悲しいお話ですが 心にジンワリしみる お話です。
子どもが飛びつく 面白い話・・・・・も いいのですが
時には こころに ジンワリしみる・・・・・
そんなお話も 子どもたちに 読んでもらいたいなぁ。

|

« アカショウビン | トップページ | JASRAC »

コメント

昔読んだ気がします。
子どもたちに読み聞かせましょう。

投稿: 吉原 | 2008年6月19日 (木) 20:12

結末が悲しいけれども、無償の愛みたいなものを
ものすごく感じる作品ですよね。
ヨーロッパ系の童話は結構怖かったり悲しいお話なんだけど、子供用にかわいくお話を変えられてる。
大人のグリム童話なんて昔読んだ時衝撃がはしった!!

投稿: kanacchi | 2008年6月19日 (木) 20:25

なぜかこの本は良く覚えています

絵は記憶に無いけど小学校の図書館かな?部屋の本棚かな?
サファイアも金箔も意味は解らなかったけど身を削って人の役に達つことを学んだ本だったのかも

投稿: ハッスルカーン | 2008年6月19日 (木) 22:51

しあわせな王子ってタイトルだったんですね
子供のころ読んだことあります
すっかり忘れてたけど、なんだか悲しくせつない思いになった記憶がある。。。娘たちはもう童話を読む年齢ではないけれどちょっと読ませてあげたいな、、、

投稿: やっすん | 2008年6月19日 (木) 23:13

子供のころとっても好きだったお話のひとつです。
世界名作全集の中だったかな。

私の子供にも読ませたいけれど
ムスコは優しい物語を読まず(戦い場面が必要らしいです)
ムスメはちょっとでも長いと根気が続かず
読み聞かせるにはちょっと長く
ん~

伝えたいなら読み聞かせるしかないのでしょうかね。
がんばりたいです。

投稿: たかこ | 2008年6月20日 (金) 07:53

懐かしゅうございます。
王子が、サファイヤを外した時の画を
パーって思い出したけど、そんな挿絵あったかな?

あちも好きで読んでた。
童話っていいね~
心が満たされる感じがいいね~

投稿: あ★ち | 2008年6月20日 (金) 10:23

子ども心には
この悲しい話は印象に残るんだろうか。
私も覚えてる。
読み聞かせ・・・
最近してないっぽい
il||li л○ il||li

投稿: sister | 2008年6月20日 (金) 17:10

茶種さんへ

幼稚園の時に買ってもらった世界名作全集の中に、このお話ありました。
私の記憶では「しあわせの王子」だったような。

全集の中で一番好きだった話しです。
何回も何回も読みました。
目のサファイヤが両方ともなくなって、何も見えなくなった王子、
その王子に代わって、街の様子を伝えるツバメ。
最後は、王子もツバメも天国に行きました。

↑読み聞かせ、本の通りに読まなくても、
 子どもの対象年齢にあわせて、アレンジしてもいいのかな?
 私は、そうしていたけど・・・よかったのかな?疑問。

投稿: nana (kinotable) | 2008年6月20日 (金) 17:27

●吉原さんへ●
とおい 記憶を 呼び覚ましてくださって
アリガトウ。
待ち時間に 読んでは いかがでしょう。
涙が溢れて 商談どころではなくなるかも^m^

投稿: 茶種 | 2008年6月20日 (金) 18:03

●kanacchiさんへ●
そうそう グリムにしても カチカチ山にしても
ホントは 残虐だったりするんですよね。
いいお話は 伝え続けたいですね

投稿: 茶種 | 2008年6月20日 (金) 18:04

●ハッスルカーンさんへ●
あはは しあわせなオジちゃんだ!
カーンさんは いろんな土地に行って
幸せ ふりまいて まわってるんだよね^ー^*

投稿: 茶種 | 2008年6月20日 (金) 18:06

●やっすんさま●
忘れているんですけどね
ツバメの季節になると 思い出すんです。
それで・・・ところどころしか覚えてなくて
気になって また借りてみたんです。
大人が読んでも 心にジンワリでしたよ。
子どもの本だから 字も大きくて
読みやすかったです。是非!

投稿: 茶種 | 2008年6月20日 (金) 18:08

●たかこさんへ●
うちの子どもたちにも 少し長いお話です。
難しい言葉も たくさん出てきます。
そっと置いていたら 娘が(小4)読んでいました。
あえて感想は聞きませんでした。
息子には まだ早いかな・・・。
もう少し かいつまんだタイプの 絵の多いものを
探して読んでみよう。
ちなみに 借りたのは庄原図書館ですよ^ー^*

投稿: 茶種 | 2008年6月20日 (金) 18:12

●あ★ちさんへ●
童話って 読んだ後余韻がのこるよね。
それ大事だと思う。
子どもの頃見ていた 名作劇場フランダースの犬とか
ハイジとか みつばちハッチとか・・・・・。
かなしいけれど ずっと 心に残って 心をみたしてるじゃない。
それが最近は ポケモンだ ゲームだ 戦いだ・・・。
何が心に残るんだろうって おもうんよ。
でもそれを与えてるのは 大人だからね。
うちには ゲームはナイ。テレビは押入れの中にあって
見たい時は ふすまを開けて見る。
本は常に そのときの状況に応じてチョイスして
さりげなく置いておく。
外で遊ぶ 自分で作る。
楽しいんよ^ー^*
どこででも なんででも 遊ぶんだもん。

投稿: 茶種 | 2008年6月20日 (金) 18:18

●sisterへ●
いや まだ二人にはこの話は 早すぎるよ。
Rickにも まだ早いから 読んでないよ。
読み聞かせ・・・・大人が本を広げてたら
子どもも 広げるんじゃない?
環境大事ダヨ~ がんばれ~
心を豊かに!

投稿: 茶種 | 2008年6月20日 (金) 18:20

●nana (kinotable)さんへ●
うれしい nanaさんも読んだんだね。
そう わたしも 「しあわせの王子」って
覚えてたんだけど この本は しあわせな王子だったので
そう書きました。

私も 子どもに読むときは アレンジすることは・・・ないなぁ。
それなりに フォローを入れんるけど。

子どもの頃に買ってもらった本って 覚えているよね。
みぃちゃんにも 心が育つ本 いっぱい買ってあげてください。

投稿: 茶種 | 2008年6月20日 (金) 18:24

これ、アンデルセン童話ではなかったでしょうか?
とても感動した記憶があります。

投稿: 吉岡 | 2008年6月20日 (金) 19:57

いっぱいメッセージが
込められてる絵本なんじゃね~
この絵本は知らなんだ
是非読みます(ニコニコ)

投稿: あんこや | 2008年6月21日 (土) 08:33

なつかしい。。
この話、ジンワリするよね
私子供のころの記憶ってあんまり覚えてないんだけど
幼稚園の発表会でこの劇をしたことは
今でもはっきり覚えてるよ(*^-^*)

投稿: くらりん | 2008年6月21日 (土) 09:24

●吉岡様●
そう 私もアンデルセンだと思っていたのですが
ワイルド作でした。
大人の今読んで しみじみ いいお話だなと思います。

投稿: 茶種 | 2008年6月21日 (土) 11:31

●あんこやさんへ●
ぜひぜひぜひ お兄ちゃんと読んでくださいな
ハンカチを 用意してね^ー^*

投稿: 茶種 | 2008年6月21日 (土) 11:32

●くらりんちゃんへ●
わぁ・・・・幼稚園で しあわせな王子の劇。
渋い幼稚園だったんじゃね。
だけど ホントに 今大人になって読んでみて
心が ジンワリしたよ。
やっぱり 推理小説とかより 私はこっち系の
お子様の本が向いてます。

投稿: 茶種 | 2008年6月21日 (土) 11:35

大好きなお話です。紙芝居で何回も見ました。
大人になった今でも、大好きです。
心に沁みます。

投稿: 花かんざし | 2008年6月21日 (土) 22:59

●花かんざしさんへ●
花かんざしさんも お好きですか^ー^*
うれしいです。
忘れかけている記憶も 時々こうして思い出すと
新鮮であり 初心に戻ります。
紙芝居・・・・子どもにもわかりやすいかもしれない。
探してみます。

投稿: 茶種 | 2008年6月22日 (日) 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカショウビン | トップページ | JASRAC »