« お話の玉手箱 | トップページ | ほっこり ぷち まっと »

2007年11月27日 (火)

茶狸の糸車

*遊びの玉手箱*
キィー カラカラー キィー クルクルー たぬきの糸車・・・かと思ったら 茶狸の糸車
Itoguruma1
小さなお祭りのテーマは 「糸」 畑でとれたオーガニックコットンで 糸を紡ぐ体験をしました。どこかの倉庫から 引っ張り出してきたような 糸車。プロのかたが紡いでいるのを見ると 何とも優雅で みるみる均一な糸が出来上がる。そこで 私も ひと巻き巻いて持って帰りたい・・・という野望を抱く。が・・・・・・・・・・・・・・(+o+)
できんできんできん(T_T) 切れるは デコボコだわ 空回りだ・・・・1時間くらい くるくるやっておりました。で・・・・できた糸は 上画像左上の1本(+_+)   右2本は本職さん。 ほんとね 昔の人はすごい。みんなこれを夜な夜な やって機を織っていたんだから・・・。
Itomaki3

今回 綿を紡いで
綿糸を作っていたのだけど

これは・・・・・
羊毛でも できるはず。
毛糸になるはず。
(^.^)

同じ市内に住んで
いらっしゃるようなので
今度は羊毛を
携えて 道場やぶりに
行くぞ。
(かなり無謀な野望)


キー クルクルー キー カラカラー
愉しい手仕事 ♪

広島ブログランキングに参加中

ポチッと押して応援してくださいね

|

« お話の玉手箱 | トップページ | ほっこり ぷち まっと »

コメント

あぁ、懐かしい。
といっても、動いているのを見た訳じゃないんです。
我が家にもあったんですよ。糸巻きが。
でもね、数年前に土蔵の解体の時に、解体業者が持って帰ったらしくて、今はありません・・。
難しいらしいですね。私はぶきっちょだから、ムリだわ・・。

投稿: はりこ | 2007年11月27日 (火) 22:04

お~~~!
このクルクル回すやつ
うちの倉にあったはず!

ネズミに食べられとるかも・・・

投稿: くんちゃん | 2007年11月27日 (火) 22:24

な、なんか茶種さん似合ってる…
紡ぐのって結構むずかしい?

なんかこの間TVで
羊1頭からとれる毛糸はどれくらい?ってやってた(*^-^*)
な、な、なんと5000mだってっ!

投稿: くらりん | 2007年11月28日 (水) 07:23

「たぬきの糸車」に思わず反応!
懐かしい~~!(^O^)

広島は、教科書が替わったので、
途中から教えなくなって、ちょっと残念でした。


キークルクルー キーカラカラー

茶狸の糸車、楽しそうですね♪(*^_^*)

投稿: セラピスト☆マリリン | 2007年11月28日 (水) 08:02

着々と羊飼い計画進行中?(笑)
くらりんちゃんわたしも見たよ。
セーターで4枚半編めるんよね?

こりゃぁ茶種牧場が楽しみじゃー^^

投稿: トラムさん | 2007年11月28日 (水) 10:27

行きたかった秋祭りの様子が見れてうれしい!
茶種さんありがとうございます。
見れば見るほど 行きたかった~!!

投稿: はな | 2007年11月28日 (水) 13:56

●はりこさま●
わ~もったいない!
持って帰られちゃった・・・?残念!
私も小学校の社会の時間に古い道具の勉強の時に見て以来でしたね。難しい・・・・。
だいたい 何でもこなせる私がうなりました。

投稿: 茶種 | 2007年11月28日 (水) 21:13

●くんちゃんさま●
(*^3^*)ちゅ~~~~
蔵から出してきて!
探して!
蕎麦玉祭りに 持って来て!

投稿: 茶種 | 2007年11月28日 (水) 21:14

●くらりんさま●
あら・・・にあってます?
前世たぬきかも・・・・。
5000m・・・・・・
走ったら 確実に筋肉痛。
羊は 偉いね。みんなを幸せにしてるよ。

投稿: 茶種 | 2007年11月28日 (水) 21:16

●セラピスト☆マリリン さま●
懐かしいでしょ^ー^*
県北ではいちど教科書が変わってたぬきの糸車は
なくなっていたけど また復活したみたいです。
昨年Momoが習っていました。
想像力の膨らむ 楽しいお話です

投稿: 茶種 | 2007年11月28日 (水) 21:18

●トラムmom.ちゃんへ●
着々と羊飼い計画進行中!
気持ちは羊飼いよ。
だけどね 犬でさえ大変だからね
羊はもっと 大変。
ふふふっ

投稿: 茶種 | 2007年11月28日 (水) 21:20

●はなさま●
お天気もよく 1日日が暮れるまでのんびりできました。
子どもも私も満喫です。
次回は是非!

投稿: 茶種 | 2007年11月28日 (水) 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お話の玉手箱 | トップページ | ほっこり ぷち まっと »