« 初仕事@Weddingお雛様 | トップページ | dokidokiハートをお届けします »

2007年1月 9日 (火)

★節分★豆まきオニたん★全部食べちゃうぞ(^0^)

Onitann1 やっと学校も始まり 家の人口が減って自分の時間を取り戻しました。年末年始家に夫や子どもがいるとチクチクサクサクピコピコやってると「遊んどる」と言われます。だから・・・仕事してるんだって!と言っても認められません・・・トホホ・・・。

気を取り直して^ー^*今日は先日予告したオニっ子を創ってみました。シマシマパンツとデベソがたまらなく可愛いオニっ子です。名前は「オニたん」

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

 節分の日・・・・
お豆の用意をして おうちの人はイワシを買いに出かけました。

・・・シメシメ 今のうちに・・・とオニっ子オニたんが現れました
(@Д@;
「このお豆を オイラにぶつける気だ(ーー;)
 よぉし(~o~)今のうちに全部食べちゃえ!」

Onitann3

オニたん・・・全部食べれるのかなぁ・・・
おなかこわすぞぉ
歳の数だけに しときなさいってば!

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

そうそう・・・今朝 イチゴの花が咲いていました。^ー^*

Dscn2506 ★★広島ブログランキング★★

↑↑↑ポチッとおして 応援してくださいね↑↑↑

|

« 初仕事@Weddingお雛様 | トップページ | dokidokiハートをお届けします »

コメント

節分ですね
お正月飾りも終わりなので、ひな祭り系の玄関にしようか思っている私です。

それにしても鬼さんかわいい、、、
とても豆をぶつけられません、、、

投稿: マッハママ | 2007年1月10日 (水) 00:57

鬼の格好して滑ったの・・・思い出したわ・・・(^_^;)
同じように鬼の格好してたどこの誰だか分からないお兄ちゃんと撮った写真、まだあるよ・・・

投稿: もっち | 2007年1月10日 (水) 10:11

マッハママさま>今日はもう10日1~3月は速いですよね。私も仕事柄季節先取りで春向け商品考案しなくては・・・。
オニたんには。。。豆ぶつけないでね(>_<)マッハに鬼のお面かぶせて 豆ぶつけるのとおんなじだからね~ できないでしょう?

もっちさま>そうそう!思い出した。トイレットペーパーの芯シマシマ書いて・・・あれは罰ゲームだったんだっけ??変な格好してたよね~。色とりどりのポンチョ着て5レンジャー気取りのデンジャラス。懐かしい・・・・ちなみに末○さんはオレンジ着てたから「オレンジャー」って・・・・。楽しい思い出だ

投稿: 茶種 | 2007年1月10日 (水) 13:36

そうだったっけ?
西○さんが鬼のパンツ履いてさー(*^_^*)
「オレンジャー」ねー!懐かしいわあ・・・
みんな元気かなあ?

投稿: もっちー | 2007年1月10日 (水) 19:03

もっちーさま>もう10年前の話さ・・・・・若かったね~。でも楽しかった。年齢に合った愉しみかたができるといいね。スキーもしないし・・・最近体動かしてなかったけど去年の6月からピラティスヨガにハマってます。限りなくストレッチに近いヨガだけど固まった体動かすにはとっても気持ちよくてやめられませ~ん。

投稿: 茶種 | 2007年1月11日 (木) 21:53

でべそが可愛いですね~^^

茶種さんの写真っていつも可愛く撮ってありますよね。
背景とか敷いてあるものや、すごく素敵です。
私もまだまだ修行がたりないなぁ~。

いちごの花がもう咲いたんですか?
春までには食べられそうですね~^^。

投稿: ふか | 2007年1月12日 (金) 10:31

ふかさま>おちちの点々もつけてみたけど変だったのでデベソだけにしました。オニなのにこわくないでしょ?
写真はより現実に近く尚且つ魅力を引き出せるように心がけてます。篠山キシン(字忘れました)よろしくバシバシ撮りまくります。お日様の光も重要な要素ですね。暗いとうちの小さな作品たちは綺麗に写らないのでこの季節は短い日照時間との闘いで撮影してます。敷いているもの・・・布マニアなんです(>_<)作る当てもないのについつい衝動買いしている布を引っ張り出して使ってますよ~。可愛い子たちが可愛く写るように・・・頑張ってます!。ふかさんの写真もいつも綺麗・・。さんこうになります。 イチゴは室内に置いています。だからかな・・。花が枯れて少し真ん中の部分が盛り上がってきたので実になるのかもしれません。楽しみです。

投稿: 茶種 | 2007年1月12日 (金) 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初仕事@Weddingお雛様 | トップページ | dokidokiハートをお届けします »