« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

やっと年賀状のデザイン

学校が冬休みに入ると HANDWORKのお仕事と並列で外に仕事に出かけました。春休み・夏休みもそうなのですがHANDWORKのお仕事との両立は結構キツイ・・・。だけど素敵な人たちと過ごせるので毎回楽しみに出ています。昨日28日でそのお仕事も終わり今日はやっと年賀状をプリントしました。雛形はできていたのですがなんとなく気が変わってまた一から作り直してしまいました。結局①子ども用②夫用③■:Chairo no tane:■用④家族全員用と4種類・・・。1日仕事でした。

Simenawa1I2_1子どもはおばけちゃんをアレンジした写真入り 

夫は雪だるまの鏡餅・・・(ホントにいいのかと何度も聞いたけど気に入ったらしい。あの顔でこれは反則だと私は思う。)

そして ■:Chairo no tane:■用は 先日ママーチェさんにつながりのある mako2さんにオーダーして創っていただいた ロゴを入れて ちょっとだけ羊毛で創った物を入れて写真を撮りました。どんなのかは届いてからのお楽しみです。(直接お届けできない方にも1月1日にココでお披露目できると思います。)

ロゴは 丁寧に作られていてどこかのカフェみたいです。 いつもは窓辺に置いているので日が差すと部屋の中に逆さChairo no taneシルエットが綺麗に映し出されます。今日は雪の合間の晴れ間に急いで撮影しました。今日からブログのタイトル画像として使っています。

mako2さん そして取次いただいたママーチェさん とっても気に入っています!ありがとうございました。

| | コメント (3)

2006年12月18日 (月)

ママーチェさんに 納品しました。

Mokomoko 12月18日ママーチェさんへ今年最後の納品です。下の記事に掲載の招福ニッコリgoodsや市販のフリースのミトンに羊毛でぷっくりとしたハリネズミのアップリケをした物(通称プックリケ)など 全部で26点です。こちらの画像は前回後紹介した「ハリネズミもぐもぐのドーナツ屋さん」の姉妹品「羊のもこもこの和菓子屋さん}です。羊さんのコロンと手になじむフォルムはハリネズミと一緒です。ニギニギして和んでください。

Mokomoko2 ←こちらは和菓子屋さんの中に含まれている 豆大福とイチゴ大福です。羊毛の繊細な繊維と大福の皮(衣?)がよくマッチしていておいしそ~にできています。間違えて食べないようにお気をつけください^ー^*

これから 「お店屋さん」シリーズを増やしていこうと思っています。次回はパン屋さんの予定です。

ママーチェさんは年内22日金曜日までの営業の様子。お正月goodsなどお早めに!!!

●●●広島ブログランキングに参加中!●●●

↑↑1日1回ぽちっと お願いします。↑↑

| | コメント (15)

2006年12月15日 (金)

+ハリネズミもぐもぐのドーナツ屋さん+

今日創ったもの(ママーチェさん行き)

Mogumogu1 ハリネズミのもぐもぐのドーナツ屋さん」子どもの手に握りやすいコロンとした体つきです。5歳の息子に握らせてみましたが即座に擬人化して走らせていました。(゚_゚i) ドーナツをお皿に乗せたり楽しくおままごとしてくださいね。

男の子と女の子がいます。1匹とドーナツ5個が1セットのお品ですがきっと2匹ほしくなると思います・・・たぶん^ー^*

Mogumogu2 Mogumogu3

ドーナツは 鼻に引っ掛けて運びます。

それから・・・おばけちゃんのぽち袋。クラフト紙に雪の結晶の消しゴムはんこを押しています。お買い上げ後、招福おばけちゃんのファブリックシールを好きな位置にペタリとしてくださいね。お年玉にどうぞ^ー^*

てんとう虫のキーホルダーと 素材のてんとう虫も作りました。

Poti Dscn8053 012

| | コメント (7)

2006年12月13日 (水)

笑う門には福来る^ー^*

ママーチェさんに持っていくお品を作っています。何かと忙しくて18日(月)になりそうです。だけど・・・先ほどママーチェさんのHPを見て(@_@;)ビックリ!。年内22日(金)までの営業の文字。うわわわ・・・。クリスマスプレゼントや年末年始のお土産にと 駆け込みのお客様もいらっしゃるだろうとのんびりしていたら 私が駆け込むことになりました。お正月goodsを作っていたので納品して5日間しかないのに ママーチェさんに置かせてもらってよいものやらどうやら・・迷いましたが可愛いのでもっていっちゃいます。18日~22日の間にママーチェさんにGOGOそして 招福アイテムニッコリ顔のおばけちゃんのお正月goodsをGETしてくださいね!

Kagami で・・・どんなのかというと でっかい鏡餅・・・。

定番キャラのおばけちゃんが鏡餅に変身!まあ 顔はいいとして・・・手は隠したほうがいいよとアドバイスしたけれど・・んん・・無理みたい^ー^*横15×奥行15×高さ15㎝(土台も入れると高さ28㎝)のドーンと存在感のある鏡餅です。反対に向けると普通の鏡餅にもなります。BWとベージュのドット柄のディスプレーマット付

Okazar こちらはお正月リース。梅・松・そしてなぜかボタン。玄関に飾れば年始の挨拶に来られた方も・・ニッコリニッコリ^ー^*

Kado1 門松の横にいまにも小判や鯛を食べてしまいそうなおばけちゃんがくっついています。お腹こわすぞ~。








幸せニッコリ顔のおばけちゃんの お正月goodsで 新しい年も ニッコリ幸せな1年になりますように・・・
ニッコリ・・・ニッコリ・・・・
笑う門には 福来り^ー^*

| | コメント (4)

2006年12月 8日 (金)

*あったかキャスケット*

あったかフリースで あったかキャスケットを創りました。

■:Chairo no tane:■と聞くと皆さん羊毛フェルトのイメージが強いと思うのですが、もともと布小物を扱っていました。キャスケットは定番中の定番で自分の子どもはもちろんオークションなどで人気の商品です。

Bousi3_1 Bousi1_2

普段キャスケットの継ぎ目はアイロンで落ち着かせるのでステッチを入れないのですが、こちらは フリース地なので高温でのアイロンができないことと、厚みがあるので継ぎ目が落ち着かなかったので ひたすら「なみ縫・・」。ひたすら運針運針でいい感じに仕上がりました。あったかそうなキャスケットにどこからかてんとう虫君が飛んできてとまっています。

Bousi2_2 ステッチに使っているのはお気に入りの刺し子の糸です。色といい太さといい、そして刺し子の糸というだけあってヨレにくいのです。てんとう虫君の点々や触覚もこのこだわりの糸でないとうまく行きません。こだわりの「茶色の糸」です^ー^*

あったかキャスケットは kidsサイズ。ママーチェさんに収める予定です。おそろいで ケータイケースなども創ろうかな・・・・

Kote_2  こだわりの・・・と言うとこちらも 帽子作りには欠かせない こだわりの道具です。先ほど継ぎ目を落ち着けるのにアイロンを使うと書いたのですが普通のアイロンだと大きすぎて立体的な丸いラインをアイロンすると変なところにシワガ入ったりしてうまく行かないので 小さいアイロンを探していました。携帯用の小さい物は威力にかける・・・パッチワーク用の小さいアイロンを買おうかと思っていたとき 見つけました!山形の古いお家にあったという年代物の「こて」。しっかり稼動します。古い木箱の蓋が置き台になります。温度調節ができないところが味噌ですが、帽子づくりには欠かせない大事なこだわりの「こて」なのです。

■広島ブログランキング■

↑↑広島ブログランキングに参加中!↑↑

ポチッとお願いします<(_ _)>

| | コメント (6)

2006年12月 6日 (水)

*生活やさん 納品*

I2 【画像は別窓で大きくなります】

12月6日午後4時ごろ 生活やさんに納品」しました。

今回のラインナップ。

←お正月らしく大きな鏡餅。土台直径20センチの存在感あり(^.^)お正月って和風なんだけど 洋風にアレンジ・・。

I4_1

→しめ縄作ってるところに遊びに行ったおばけちゃん・・。お餅に間違われて頭にみかんをのせられてしまいました。仕方がないのでお飾りにヘンシ~ン^ー^*

I3_1  ←雪夫君

I1 リクエストのあった キャンドルおばけちゃんのオーナメント→

Yukigesiki← ぼたん雪キーホルダー(ぼたん雪のモチーフはレース糸で丁寧にあまれています。私は編物は得意ではないので この結晶を見たとき かなり驚きました。福井県より お取り寄せのモチーフです^ー^*)

他 「粉雪のヘアピン」や「ぼたん雪のパッチンどめ」。

久々ミシンを出して雪景色を描いたバッグやケータイケース。ぼたん雪のモチーフをつけたマフラーなど などです。

「広島ブログ」 ランキングに参加中^ー^*

↑クリックして 応援してね↑

| | コメント (8)

2006年12月 2日 (土)

のんきさん

11月に庄原の「のんき工房」さんで 間伐材を使ってトナカイのオブジェを夫が作りました。そのトナカイさんが庄原の国営備北丘陵公園に飾ってあるということで今日家族で見に行きました。Dscn1979 いたいた^ー^*大きなイルミネーションツリーの下に・・・。体高1mのトナカイです。丘陵公園のイルミネーションの時期が終わったら自宅に連れて帰ります。こんなでっかいの・・どこにおこうかな・・。

丘陵公園は 「のんき」ワールドに染まっていました。いたるところに のんきさんの木のオブジェが飾られて まるで青空美術館のようです。たぶん100個くらいは野ざらしに飾られています。先週絵本牧場ごんぼのお祭りに のんきさんが倒れた栗の木で 大きな馬のシーソーを作りに来られていて その時丘陵公園の里山屋敷の納屋を綺麗にして展示室みたいにしていると言ってらっしゃったので覗いて見ました。

Dscn1959_2 なるほどホントに納屋だけど入り口にはクリスマスを意識してか教会らしきオブジェが・・。

Dscn1964中にはいると、いい感じのイスがあり白熱灯の赤いポワンとした明かりが「のんきワールド」を演出していました。このイスは本当に座れます。丈夫でグラリともしないのです。

Dscn1971 ランプシェードも天然木やツルと葉っぱで・・・

Dscn1965 イノシシもいました。

のんきさんにまたまた 魅了させられました。

明日12月3日 のんきさんの 自然の木で作る木工体験教室が丘陵公園であるようです。もしもし お時間ありましたら 覗いて見る価値あり!です。

5時からは イルミネーションも楽しめます。幻想的です。ただ・・・・・スゴ~~~ク寒い(>_<)スキー場に行くくらいの覚悟で重装備で行かれたほうがよいです。手袋も帽子もマフラーも・・・・・

| | コメント (3)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »